【ネパールのトレッキングの持ち物】服装&装備など|おすすめのアウトドアショップやトレッキング許可証の取得方法

2023年秋に2泊3日でプーンヒルへ、6泊7日でマルディヒマールにトレッキングをしました。体験をもとに標高4,000m程度をトレッキングする際の持ち物をリストにまとめました。日本で利用する機会の少ない浄水タブレットや高山病対策薬の紹介もしています。

この記事を読むと
  • ネパールで購入できるもの、日本から持っていくべきものが準備できます
  • 浄水タブレットや高山病対策薬について分かります
  • トレッキング許可証を取得できます

記事内に広告(Amazonアソシエイト含む)が含まれています。

標高4,000mのトレッキングの持ち物

晴れを願いつくった、てるてる坊主

ネパールでトレッキングをする際、山に入ると、必要な服や装備を購入することは基本的にできないと考えた方がいいです。ただ、自分で背負うことを考えると100グラムでも荷物は軽い方がいいので、何でも持っていけば良い訳ではありません。

以下の持ち物リストは、これまで私がネパールで挑戦した標高4,000mほどのトレッキングで必要だったものです(プーンヒルは標高3,210m、マルディヒマールの際は標高4,200m)。もっと高い標高を目指す場合は装備が異なりますので、旅行代理店やガイドに事前確認してください。

服装・装備

以下に記載した「服装・装備」は必須アイテム。アイテムの右に理由を記載しので、スクロールして読んでください。

ザック25~40L私は25Lを使い、パンパンでしたが何とか入りました。
サブバック日帰りで展望スポットを往復する際にあると便利です。宿で貴重品の持ち運びにも使えます。また、ポーターに荷物を預ける際、携帯、貴重品や水などを自分で持つ鞄としても必要です。
トレッキングシューズ標高が高くなると岩場もあるので、足首をガッチリと固定してくれる「ハイカット」、靴底がしっかりしたシューズがおすすめです。また、雨が降ると、水たまり、ぬかるみで靴が濡れますので、防水性があると良いです。
サンダルトレッキングシューズを脱げると楽です。靴下を履いたまま利用できるタイプがおすすめ。
ストック岩場や高低差のある場所での安定性が違います。足元が不安定な場所があったり、下りの膝への負担を減らすためにもストックは2本必要です。ポカラでレンタルもできます。
レインウェア上下雨対策は必須。ベストシーズンでも雨が降ることはあります。防寒対策にもなります。
ザックカバー、ビニール袋防水、埃除けカバーがあると便利。雨期は中が濡れないように着替えや電化製品はビニール袋に入れます。
寒さ対策手袋、ニット帽、厚めの靴下、ヒートテック、ウルトラライトダウン、ダウンパンツネックウォーマー朝夕は気温が下がります。また、雨が降り太陽が隠れると急激に寒くなります。簡易的なつくりの宿は寒いです。
暑さ対策サングラス、日焼け止め、帽子日差しが強く、太陽を遮るものがないと体力が奪われます。
シャツアンダーウェア、靴下防寒用の保温性が高く、速乾性のあるもの。
ズボン、スパッツ着替えを入れて2枚あれば十分だと思います。
パジャマ兼くつろぎ着宿に着いた後も、砂埃で汚れたパンツで居るとリラックスできません。
ヘッドライト消灯後、トイレに行く時、また日の出前のトレッキングに必要です。

おすすめの「25Lザック」

私がトレッキングに持って行ったのは、高機能ながらに640gと軽量のカリマー「sector 25」。上の写真では、私が全身真っ黒なので分かりづらいですが、赤い矢印の先にあるザックです。

かなり小ぶりに見えますが、上記にリストアップしたもの全て(寝袋は無し)が、この25Lザックに入りました!後ろの男性が持っているのは40Lくらいのザックだと思います。

赤い斜線部分が仕切り

この「sector 25」は、ザック内部にジッパーがあり、二分割(二層)できる構造になっており便利。これにより、例えば、重めのカメラや衣類を下層に入れた際、ザックからの取り出しがスムーズ!もちろん、ジッパーをせず、1層で使用することも可能です。

上の写真でいうと、赤い斜線部分が仕切りになります。下層に衣類を入れていますが、二層式なので、上から衣類は見えません。

その他のお気に入りポイントとして、

  • サイズ:タテ48cm x ヨコ33cm x マチ21cm。重さ640g
  • 大きい「フロントポケット」があり、小物が収納できる。他に、外側ポケットは2つ。
  • 背面の「エアメッシュバックパネル」は、通気性が良く、着用時のフィット感が向上
  • 体への負担を軽減する「チェストストラップ」付きで、ザックの負荷が分散される
  • 「ポールキャリア」付で、トレッキング時にポールを使用しない際はザックに収納可能。
  • 肩などに調節ベルトがついており、背中にフィットするよう長さが変えられ安心。
  • 世界一周旅行を経ても未だまだ使える、頑丈なナイロン製
  • 登山用ザック感がなく、シンプルなので普段使いにもGood
  • 丸みのあるフォルムで、女性が持っても可愛らしいデザイン
  • Black(ブラック)以外の色展開あり

その他の持ち物

以下リストは、「服装・装備」以外に持って行くと良いアイテム。必要に応じて、自分が必要なものを持っていくといいと思います。

アイテムの右に理由を記載したので、スクロールして読んでください。

サリーナスくん
サリーナスくん

荷物を少なくするコツは、必要量のみ持っていくこと~

充電器、変換プラグ、モバイルバッテリー標高が高いところは充電が早く切れた印象だったので、モバイルバッテリーがあった方がいいです。また、充電ができない宿もあります。
使い捨てホッカイロ夜はかなり冷え込むため、あると安心です。重いので必要最小限の量。
タオル速乾性のものがおすすめ。
寝袋12月~2月の降雪の可能性がある時期は持って行った方がいいと思います。
ペットボトル私は常に500ml以上の水を持ちトレッキングをしていました。宿で水を無料でもらえます(浄水タブレットが必要)。
浄水タブレット宿でミネラルウォーターも買えますが高いです。蛇口の水はそのまま飲むとお腹を壊す可能性があります。
耳栓簡易的なつくりの宿は、個室間の壁が薄いのであった方がいいです。
マスク乾燥しているので、夜はマスクをして寝るといいです。寒さ対策にもなります。
洗濯用品(洗濯ばさみ、洗剤)シャツや靴下を洗うのに必要です。
洗面用具シャンプーなど液体は特に重いため、最小限の量がいいです。なお、シャワーは浴びれないこともあります。
ウェットティッシュシャワーを浴びれない時、身体を拭ける大判がおすすめ。アルコールが含まれないタイプが良いです。
トイレットペーパー宿でが準備がないことが多いです。芯を抜けば軽くなります。
ミニ裁縫セット針と糸があれば安心です。これで、てるてる坊主も作れましたっ!
常備薬下痢止めや風邪薬など普段使っているもの。絆創膏や爪切りもあると安心です。高山病対策のダイアモックスは現地の薬局で購入可能です。
リップクリーム化粧水、保湿クリーム山の上は、とても乾燥しています。
行動食、のど飴シリアルバー、チョコレートやナッツなど。ナッツはネパールで安く売っています。飴やタブレットもおすすめです。トレッキング中でも調達できますが、ただし標高が高くなるほど値段も高くなります。荷物の重量を考慮して持っていった方がいいです。
インスタントスープやティーバックなどコーヒーやお茶は大抵の宿で購入できますが、お湯もあるので、お気に入りのものがあれば持っていくと便利でした。
スポーツドリンクの粉末浄水タブレットを入れた水は美味しくないので、味があった方が飲みやすいです。トレッキング中は汗を沢山かくので一石二鳥。
現金(ネパールルピー)トレッキング中はATMでお金をおろせません。
トレッキング許可証カトマンズやポカラで取得できます。

「旅行プランの個別相談会」の参加者

あなたの旅行プランを「旅わーぷ」に相談しませんか?
詳細は、以下をクリック ▼

メニューは3つ。1400円~
「オンライン会議」と「チャット」から選べます

現地で揃うトレッキング用品も

トレッキングに必要なものは、カトマンズのタメル地区やポカラのレイクサイドのショップで何でも手に入ります。購入はもちろんレンタルも可能。現地に行くと、驚くほど沢山ショップがあり、有名なアウトドアブランドのロゴが付いた偽物が驚くほど沢山売っています。

観光客や現地のガイドも使用しているので、一応、トレッキングできるクオリティは備わっています。見た目が同じ商品でも値段やクオリティが店により異なり、数か所で聞いて比較した方がいいです。ゴアテックスの防水など機能や、裁縫はしっかり確認を忘れず!

ただし、ザック、シューズ、寝袋は日本から持参した方がいいと思います。これは、ネパールで出会った登山家の旅友も同感していました。

理由として、

  • 山の上で、ザックが解れたら大変!裁縫がしっかりした正規品が安心です
  • 数日間使用するトレッキングシューズは、履き慣らしものがおすすめ
  • 寝袋は防寒対策や重さを左右するので、軽量でクオリティの良いものがベター

ポカラでおすすめのショップ

ポカラのレイクサイドにある、おすすめのアウトドアショップは「Sunrise trekking」。

ネパール人のガイドが何人か買い物に来ているのを見たので、現地でも有名なショップのようです。私は幾つかショップをまわっている時に偶然見つけましたが、Google mapでは口コミが150以上あるにも関わらず脅威の満点評価です!

それも納得の価格、品質、サービスのお店。私は、登山パンツや靴下などを購入しましたが、店を経営する英語堪能な美人姉妹は、必要なトレッキング装備の知識が豊富で相談に乗ってくれます。トレッキングシューズやストックなどアウトドア用品によっては、レンタルも可能です。

オンシーズン中は、店内はお客さんで一杯でした

浄水タブレットと高山病対策薬

浄水タブレット

山中で生水を飲むことはおすすめしません。ペットボトル入りのミネラルウォーターはトレッキング中でも調達できますが、標高が高くなるほど値段も高くなります。蛇口水であれば宿で無料でもらえます。水にタブレットを溶かすだけで水中の微生物や細菌を殺菌・除去する「浄水タブレット」を使用すれば、飲み水にすることが可能です。もしくは、沸騰させた水を飲む方がいいです。

私は、浄水タブレットをポカラのレイクサイドにあるアウトドアショップで購入しました。非常に軽量でコンパクト、また、手軽に使用できるのでおすすめです。ただ、浄水タブレットを入れた水は美味しくないので、ティーバッグやスポーツドリンクの粉末で味を付けた方が飲みやすいです。

高山病は一般的に標高2500mあたりを越えると症状が出始めると言われています。ゆっくり標高を上げて高度順応するのが理想ですが、症状が出ると辛いです。私は予防薬として「ダイアモックス」を持っていきました。日本では自費扱いとなり高額ですが、ネパール現地の薬局では10錠で100円程度で購入できます。処方箋は不要で、ダイアモックスが欲しいと言えば伝わります。

トレッキング中に泊まる宿の施設や食事について、別記事で詳しく紹介しています。持ち物の参考にしてください 。

トレッキング許可証は、カトマンズかポカラで取得

取得したACAP、費用は当時3,000ネパールルピー

私がトレッキングしたプーンヒルとマルディヒマールは、いずれも「ACAP(Annapurna Conservation Area Entry Project)」のみ必要で、「TIMS(Trekkers’ Information Management System)」は不要でした。事前情報ではTIMSが必要と見たので、ACAP取得時にオフィスで尋ねましたが、TIMSは要らないと言われました。

ポカラでACAPを取得する際、NTB(ネパール政府観光局)に行きます。地図の場所にある建物内の1階にオフィスがあります。事前予約は不要で、カウンターが空いていればすぐに発行してもらえます。TIMSのオフィスは同建物の上の階です。

サリーナスくん
サリーナスくん

レイクサイドから距離があるので、配車アプリ「in drive」が便利!

ACAP申請には、パスポート用顔写真2枚と、パスポート情報やトレッキングルートについて申請書(英語)への記入が必要です。支払いは現金のみ。ガイド同行のトレッキングかは聞かれませんでした。顔写真の準備がない際は、街中に証明写真を撮る店があるので大丈夫です。

場所は分かりませんが、カトマンズにもNTB(ネパール政府観光局)のオフィスがあり、トレッキング許可証が発行できるそうです。また、旅行代理店のツアーに参加する際は、手数料がかかりますが代行取得してくれるはずです。

出発に向けた準備は進んでいますか?

これまで50か国以上を旅した経験を元に、身軽に海外旅行するのに最低限必要なもの全てをリスト化しました。チェックリストは、忘れ物がないか確認するのに便利!これで数日間の短期から、世界一周の長期旅行まで対応できます。

アイテムを準備する時の注意点や厳選のおすすめ商品など、詳しくは以下の記事で紹介しています。PDF版チェックリストのダウンロードもこちらからどうぞ

海外旅行は、いろいろと費用がかかりますよね。

旅の節約術には、航空券購入やホテル予約、海外ショッピング時に使うカード選びなど、さまざまあります。

以下の記事で、具体的な節約方法を紹介しているので是非チェックしてください。どれも簡単にすぐ実践できます。

●カード決済で3000円節約!? 海外事務手数料 0%カードがお得

●1万円以上お得に!知って得する航空券比較サイトはこちら

●追加金ゼロで海外2GBデータ通信できる、便利な国内携帯会社は?

●ホテル予約でお得!簡単に7%キャッシュバック獲得する方法

一度山に入ると服や装備を手に入れることは難しいです。なるべく身軽にトレッキングするためにも、この記事を参考に入念に準備をしてもらえると嬉しいです。

みなさん、良い旅を!

旅行プランに悩む、あなたへ

周遊ルート、現地のツアー事情、治安など調べきれないこと、不安に感じていることについて、50か国以上を個人手配で訪れた旅人が相談に乗ります。

メニューは3つ。1400円~
(1) オンライン相談30分
(2) オンライン相談45分
(3) チャット相談

南アジア
記事をシェアする
タイトルとURLをコピーしました