【2024年最新】「楽天モバイル」が海外旅行に便利な4つの理由と注意点!長期旅行で節約できる携帯電話会社

海外の国に行く先々で、現地のSIMカードを購入していませんか?「楽天モバイル」は、毎月無料で2GBの通信データが海外で使える、日本の電話番号が保持できるなど、1か月以上の長期旅行や世界一周をする人にメリットが多く、節約できる可能性が大きいです。

実際に、楽天モバイルを使って2023~24年に20か国以上を旅した経験を元に、利用をおすすめする理由や使用する際の注意点を詳しく解説します。

この記事を読むと
  • 長期旅行者が楽天モバイルを活用するメリットが分かります
  • 旅先で、楽天モバイルの海外データ通信が使えます
  • 出国前に楽天モバイルに乗り換えできます

記事内に広告が含まれています。

旅先で使える「海外ローミング」とは

一部の携帯電話会社は、現在契約している料金プラン内で、旅先でもデータ通信や通話が利用できるサービスを提供していることを知っていますか?

対象の会社と契約していると、難しい設定や追加サービスを申込む必要なく、「海外ローミング」のおかげで海外でスマホが使えます。

海外ローミングとは

ドコモやソフトバンクなど国内の携帯電話会社が、海外の国でサービス提供している携帯電話会社のネットワークを利用して、データ通信や通話ができるようにする仕組み。

海外ローミングを使えば、渡航先の空港に到着してすぐ無料Wi-fiに繋げなくても、ネット(データ通信)が使えます。

皆さんが日本に帰国して、機内モードを解除すると、すぐに電波が繋がりネットが使えるようになりますよね。それが「旅先」でSIMカードを差し替えなくても起こります

現地でSIMカードを入手&差し替える手間がなくて楽!

海外ローミングを利用したい場合、国内の携帯電話会社の多くは、「海外ローミング用のプラン」に加入が必要で、高い利用料を支払うことになるので注意です。例えば、ドコモの海外ローミングサービス「世界そのままギガ」は、1時間200円から7日間5280円までのプラン(2024年5月時点)があり、1か月の長期旅行者には高額です。

高額請求を避けるためは、現地で使えるSIMカード手配などして対策する必要があります。

長期旅行者が取り組みたい節約術

長期旅行中に訪れた、クロアチア

出国前に、長期旅行者におすすめの携帯電話会社「楽天モバイル」に乗り替えてから旅を始めると、SIMカードを手配する手間がなくなり、費用が節約できる可能性が高いです。

私は、2023年に20か国以上を旅した時、楽天モバイルを活用しました。周遊した国のうち、3分の2ほどで使用できたので、通信料をかなり節約できました。

実際に使用して感じた、1か月以上長期や世界一周を予定する人が楽天モバイルを利用するメリット、使用する際の注意点、また海外で楽天モバイルのデータ通信をする方法などについて、この記事で詳しく説明します。

現在、楽天モバイルユーザーの紹介を通して申し込むと、13,000円相当の楽天ポイントがもらえるキャンペーン中!

以下のQRコード、もしくはバナーから申し込むと、キャンペーン特典が受けられます。特典の獲得方法は記事後半で紹介しています。

13,000円相当プレゼント中

※電話番号そのまま乗り換え(MNP)で楽天モバイルを初めてお申し込みの場合。乗り換え(MNP)以外で初めてお申し込みの方は6,000ポイントとなります。本キャンペーンの適用はおひとり様1回限り。

追加料金不要で、海外ローミングが利用できる2社

国内の携帯電話会社との契約内で、海外でデータ通信や通話を利用したい場合、契約している料金プランに加え、「海外ローミング用のプラン」の利用を課す会社がほとんどです。

そんな中、追加料金不要で海外ローミングを利用できる会社は2社のみ。

  1. 楽天モバイル
  2. ahamo

結論から言うと、海外ローミングを使用したい長期旅行者は「楽天モバイル」の一択です。

「ahamo」はNTTドコモの格安プランです。海外での利用可能期間は、日本出発から14日間まで。その後は128kbpsに速度制限され、復活させるには一度帰国する必要があります。

日本出発から15日以降は、「ahamo」は利用可能データ量を追加購入しても、日本に帰国してデータ通信するまで、海外で高速データ通信ができないので注意。

1か月以上の長期旅行者は、「ahamo」の海外ローミングが継続使用できません

「楽天モバイル」の海外ローミングのプラン

楽天モバイルの最も安いプランは、月額880円(家族割引適応価格・税抜)。

この月額880円プランに、毎月2GBまで海外ローミングできる通信量が含まれています。追加サービスを申込む必要はありません。

  • 毎月1日になると、新たに2GB使うことができます。
  • 同月内に違う国に移動しても、使用データ量はリセットされません。

2GBのデータ通信量の目安として、Google検索は約600ページ、Google マップは約1,000回利用可能とのこと。私が2023年に長期旅行をした際、地図や配車アプリを使用したり、ネットで簡単な検索をする時にデータ通信していましたが、月に2~3GBで足りました。

新興国の宿やカフェなどのWi-fi環境は比較的整っているので、必要最低限の利用であれば通信データが少な過ぎることはないはずです。

海外ローミングのデータ容量を追加する操作画面

楽天モバイルに、無制限で海外ローミングが使えるプランはありません。データが足りなくなったら、1GB(500円)から購入が可能。上の画像の通り、アプリ上で購入ボタンを押すだけの簡単操作です。

アプリの「購入する」ボタンをクリックすると、すぐにデータ容量が追加され便利!

世界73の国と地域をカバー

楽天モバイルの「海外ローミング」は、全世界をカバーしている訳ではありませんが、世界73の国と地域で使えます(2024年5月時点)。数か国を周遊する際、全ての国とはいかなくても、意外と多くの国で使えると思うのではないでしょうか。

サリーナスくん
サリーナスくん

2023年に20か国以上を周遊した時、3分の2くらいの国で使用できたよ~

例えば、南米を周遊する際、外国人が現地SIMを入手するのは困難と言われるブラジルで使えるのは、メリットが非常に高いです。特に治安が良くない国で、SIMを購入するために街を歩くのは避けたいです

楽天モバイルの海外ローミング対応先

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アラブ首長国連邦、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、ウクライナ、エジプト、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カタール、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クウェート、クロアチア、サイパン、サウジアラビア、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ヨルダン、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア(2024年4月19日時点)
※アラブ首長国連邦、ウクライナ、エジプト、カタール、クウェート、サウジアラビア、ヨルダンは、国際通話かけ放題の対象外、また国際SMS送信の無料対象国外です。
※ミャンマーは、国際通話かけ放題の対象外です。

楽天モバイルへに乗り換える前に、自分のスマホが旅先で「海外ローミング」できるかを調べてみてから検討してもいいと思います。以下のページに、自分のスマホ機種を入れると、対応している各国の事業者名やデータ通信が検索できます↓

海外で楽天モバイルのデータ通信をする方法

出典:楽天モバイルの公式ウェブサイト

楽天モバイルのデータ通信を海外で使用する(海外ローミングする)ために、「my楽天モバイル」アプリから簡単な設定が必要です。楽天モバイルの公式ウェブサイトで詳しく紹介されていますが、以下に簡単に説明します。

(1)出国前、「my 楽天モバイル」アプリの設定を変える

楽天モバイルでデータ通信をするためには、出発前に以下の設定が必要となります。

  1. 「my 楽天モバイル」アプリのメニューから「契約プラン」を選ぶ。
  2. 「契約プラン」ページを下にスクロールし、「国際」を探す。
  3. 上の画面のように、「国際通話・国際SMS」と「海外ローミング(データ通信)」をオンにする。

(2)現地到着後、スマホの「ローミング」の設定を変える

現地の空港に到着したら、利用するスマホで海外ローミングの開始設定が必要です。設定方法は機種によって異なります。「(自分のスマホの)機種番号」とキーワード「ローミング設定」と、Google検索すれば設定方法が分かるはずです。

以下は、一般的なAndroidの設定方法になります。

  1. 「設定」の「ネットワークとインターネット」をタップ。
  2. 「モバイルネットワーク」をタップ。
  3. 「データローミング」をONにする。

(3)帰国後、変更した設定を戻す

出典:楽天モバイルの公式ウェブサイト

旅行を終え日本に帰国した後、上記でONにした設定を「OFF」に戻します。

帰国後の設定変更
  1. 「my 楽天モバイル」アプリの「国際」の設定をOFFにする。
  2. スマホの「ローミング」をOFFにする。

長期旅行者が「楽天モバイル」を使うメリット4つ

楽天モバイルに契約しながら1年ほど海外旅行した私の経験を元に、1か月以上長期旅行する人が「楽天モバイル」を活用するメリットを紹介します。主に4つのメリットがあります。

(1)現地SIMカードの購入代が節約できる

まず、最も分かりやすいものとして、現地SIMカードの購入代金の節約があります、

数か国を周遊する場合、各国でSIMカードを購入する(安くても500円)ことを考えると、楽天モバイルの「海外ローミング」を利用すると現地SIMカード代金が節約できます。

例えば、1か月でアジア4か国を周遊するとします。3か国で楽天モバイルのデータ通信を使い、現地SIMカードを1か国(500円で計算)で購入する場合、620円の節約になります。その上、現地SIMを購入&手続きをする「手間」と「時間」が大幅に節約されます!

▼ 4か国すべてで、現地SIMを購入すると 500円 x 4枚 = 2000円
▼ 3か国で楽天モバイルの「通信データ」を使用し、1か国のみ現地SIMを利用すると 880円 + (500円 x 1枚) = 1380円

(2)旅行中、日本の携帯電話番号が使える

今は、様々なサービスに携帯電話番号を登録しています。長期旅行のために電話番号を解約してしまうと、帰国後にまた登録をし直す膨大な手間と時間がかかります

それを回避するために、高額で「海外ローミング」が使えない携帯電話会社と契約したまま出国し、旅行中に番号を保持する目的だけで月額料金を支払い続ける(安くても1000円ほど)ことを考えみてください。

楽天モバイルを契約し続ける = 日本の携帯電話番号を保持する

楽天モバイルに乗り換えてから旅に出れば、海外でデータ通信ができ、電話番号保持する費用を有効活用できるので絶対に「お得」です。

サリーナスくん
サリーナスくん

今はSMSを使った認証が増えているから、これは、旅人の盲点かも!

旅先でサービスの新規会員登録する時や、セキュリティの高いページにログインする時に、ショートメッセージサービス(SMS)を介した認証が必要なことがあると思います。

そんな時、楽天モバイルであれば、旅先で日本の携帯電話番号が使えるので、SMSを受信し、認証することができます。例えば、パスワードエラーでパスワードがロックされてしまった時、配車アプリをダウンロードする時など、認証が必要になります。

楽天モバイルが「海外ローミング」の対応をしていない国では、ショートメッセージサービス(SMS)が受信できなかったので注意です。

(3)海外から、日本に無料で電話できる

旅中にとても便利と感じたのは、無料通話アプリ「楽天LINK」。このアプリを使うと、日本の携帯電話や固定電話への通話が無料で利用できます。

「ahamo」契約者が、海外から日本に電話する時は国際電話を使わないといけません

長期旅行中に海外から電話する際、電話代金を気にせずに、日本に居る時と同じ感覚で電話ができるのは画期的です!このアプリで電話すれば、データ利用量にカウントされません。

国際通話は、無料対象外の場合もあるので要注意です。基本無料対象は、楽天モバイルの対応国からの発着信。その他の地域では、W-fii接続中の場合のみ発着信ができます。

詳しくは、楽天モバイルの公式ウェブサイトを確認してください。

一部のフリーダイヤルに発信することもできるので、保険会社やクレジットカード会社などの問い合わせする時もとっても便利。何かトラブルにあった時に、国際電話をするストレスから解放されます

また、「楽天LINK」アプリを介して発信された電話を受けた人には、普段自分が使っている番号が表示さえるので、自分が海外に居ることを説明する手間が省けます。

(4)「eSIM」は、リアルSIMカードの差し替えが不要

旅先で使うスマホが、楽天モバイルの「eSIM(イーシム)」に対応している場合、SIMカードではなく「eSIM」が使えます。

eSIMとは

スマホに内蔵された本体一体型のSIM。「eSIM(イーシム)」は、リアルなSIMカードを入れないので、カードの差し替えの手間がなくなります。また、SIMカードの紛失や破損の心配もありません。

楽天モバイルを「eSIM」にすると、楽天モバイルの「海外ローミング」が非対応の場合、現地の(リアル)SIMカードをスマホに入れることができます。

これにより、旅先でSIMカードの差し替えをしなくて済みます。「eSIM」に対応する機種を使っている人は、楽天モバイル契約時「eSIM」選択がおすすめです。

楽天モバイルの「eSIM」に対応した機種でないと、「eSIM」が使えないので注意です。

以下の楽天モバイルの公式ウェブサイトから、自分のスマホが楽天モバイルの「eSIM」対応機種か確認できます↓

帰国してから「楽天モバイル」は使える?

電波の接続状況など諸問題で、会員数がまだ多くない楽天モバイルのようですが、日本国内の都市部は繋がらなくて不便ということはないと思います。

私は、長期旅行から帰国した後も継続して使い、東京、名古屋、大阪などの市街地で楽天モバイルを使いましたが、電波が弱くて不便を感じることはなかったです。

通信環境改善のために、ぞくぞくと基地局が設置されている模様。

楽天モバイルのエリア別の通信品質は、以下のページから確認できます。住所を入れると電波状況が分かるシミュレーションもあります ↓

サリーナスくん
サリーナスくん

気になる人は、自分が住むエリアの通信品質をチェックできるよ~

楽天モバイルに乗り替える方法

他社から楽天モバイルへの乗り換えは簡単。

今使っているスマホのSIMカードを、楽天モバイルのSIMカードに交換するだけです。「携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)」という仕組みを使うと、いま使っている電話番号を継続して使えます。

まず契約している携帯電話会社(転入元)で「MNP予約番号」を発行してもらい、転入先「楽天モバイル」に「MNP予約番号」を引き継ぐ必要があります。楽天モバイルが使えるようになるまで数日要するので、早めの手続きがおすすめです。

携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)の大まかな流れは、

  1. 現在契約中の携帯電話会社で、MNP予約番号を取得(発行に数日要する場合あり)。
  2. MNP予約番号を取得後、楽天モバイルを申し込む。
  3. 表示された画面に従って、電話番号の引き継ぎ(MNP)手続きを行う。

詳しくは、楽天モバイルの公式ウェブサイトを確認してください。

ウェブ申し込みなら「MNPワンストップ」が便利!

楽天モバイルに、「MNPワンストップ」というサービスがあります。以下の携帯電話会社からの乗り換え手続きをウェブで行う場合は、転出元の「MNP予約番号」の発行は不要になるので、とっても便利。

※ショップで申し込む際は、「MNP予約番号」が必要。

「MNPワンストップ」対象の携帯電話会社

NTTドコモ、au、ソフトバンク、ahamo、UQ mobile、povo、ワイモバイル、LINEMO、LINEモバイル、ジャパネットたかた通信サービス、日本通信SIM、b-mobile、mineo、センターモバイル、LPモバイル、IIJmio(2024年5月時点)

「MNPワンストップ」を使い、ウェブから「eSIM」を申し込む場合、即日で手続き完了!

キャンペーンで、お得に乗り換える

いま使っているスマホの電話番号を変えずに、楽天モバイルにお得に乗り換えることができます。

楽天モバイルユーザーの紹介を通して申し込むと、13,000円相当の楽天ポイントがもらえます。「紹介無し」で申し込むと6,000ポイントに減ってしまいます

いつ終わるか分からないキャンペーンです。お得に乗り換えてください↓

以下のQRコード、もしくはバナーから申し込み限定(紹介キャンペーン)で、13,000円相当ポイントがもらえます。

キャンペーン特典をもらう方法は簡単

(1)以下のQRコードを読み取る、もしくはバナーをクリック。
(2)楽天会員にログインする。
(3)ログイン後、移動したページの手順に従い、楽天モバイルに申込みする。

※契約後の翌々月末日までに、Rakuten Linkアプリから発信で10秒以上通話をお忘れなく!

以下のQRコードを読み取る or バナーから申し込んで、13,000円相当を獲得

※電話番号そのまま乗り換え(MNP)で楽天モバイルを初めてお申し込みの場合。乗り換え(MNP)以外で初めてお申し込みの方は6,000ポイントとなります。本キャンペーンの適用はおひとり様1回限り。

出発に向けた準備は進んでいますか?

これまで50か国以上を旅した経験を元に、身軽に海外旅行するのに最低限必要なもの全てをリスト化しました。チェックリストは、忘れ物がないか確認するのに便利!これで数日間の短期から、世界一周の長期旅行まで対応できます。

アイテムを準備する時の注意点や厳選のおすすめ商品など、詳しくは以下の記事で紹介しています。PDF版チェックリストのダウンロードもこちらからどうぞ

海外旅行は、いろいろと費用がかかりますよね。

旅の節約術には、航空券購入やホテル予約、海外ショッピング時に使うカード選びなど、さまざまあります。

以下の記事で、具体的な節約方法を紹介しているので是非チェックしてください。どれも簡単にすぐ実践できます。

●ホテル予約でお得、簡単に7%キャッシュバック獲得する方法

●カード決済で3000円節約!? 海外事務手数料 0%カードがお得

●1万円以上お得に!知って得する航空券比較サイトはこちら

長期旅行者は、海外で2GB無料で使える楽天モバイルの活用を検討してみてください。現地SIMカードを調達する手間から解放されるのは有難いです。

みなさん、良い旅を!

タイトルとURLをコピーしました